HOMEPhyt’s Journal 秋冬の乾燥対策に! 化粧水をぐんぐん肌に吸い込ませる4つのテクニック
  • 秋冬の乾燥対策に! 化粧水をぐんぐん肌に吸い込ませる4つのテクニック

    健康的な美しさのための、ちょっとしたコツをお届けする「キレイの処方箋」。今回は、オーガニックエステ「メディカル・ポー」のエステティシャン川島こずえさんに、肌がぐっと潤う化粧水のなじませ方をお聞きしました。

    【その1:洗顔後の化粧水は1秒でも早く】

    洗顔後の肌はどんどん水分が蒸発していくので、1秒でも早く、お顔全体に化粧水をつけるのがポイントになります。化粧水を3ふりほど手にとり広げたら、両方の手のひらで顔全体を包み込み、その手を額~あご~鼻の横~首の順にずらします。この動作を1セットとして最低5回繰り返します。

    その1:洗顔後の化粧水は1秒でも早く

    【その2:化粧水が乾く前に2セット目に入る】

    少しでも早く顔全体に化粧水をいきわたらせることが重要なので、1セット終わった時に、お顔や手のひらが渇いている場合は時間をかけ過ぎ。化粧水が乾いてしまう前に次の3ふりを手にとり、2セット目に入りましょう。3セット目からは保湿もだいぶできているので、少し時間をかけて丁寧に行っても大丈夫です。

    【その3:手のひらで化粧水を密着させる】

    化粧水は密着させるイメージでつけましょう。顔の凹凸に手のひらや指を添わせるようにして隙間なく染み込ませます。手のひらでピタピタと叩いたり、肌の上を滑らせたりするのではなく、手のひらを置きなおす感覚で行いましょう。

    【裏ワザ:「アクアフィッツ エリクシールイドラタント」】

    お風呂上りやメイク落とし後は、上記のように時間をかけて化粧水をたっぷりつけてほしいところですが、時間がないときや乾燥がひどいなと思ったときはジェルタイプの美容液でブースターとしても使える、「アクアフィッツ エリクシールイドラタント」でひとまず肌を潤しておくのもおすすめ。

    裏ワザ:「アクアフィッツ エリクシールイドラタント」

    植物性ヒアルロン酸配合だから、肌に水分を保持し、瞬時に潤してくれるので、落ち着いてお手入れができるまでの応急処置にぴったりですよ。
    正しい化粧水のつけ方をマスターすれば、肌の潤いは断然よくなります。また、水分が肌に入ることにより、肌の弾力、透明感もup。いいことだらけなのでぜひ試してくださいね。同時に、化粧水をしっかり浸透させるには、その前の洗顔も重要。丁寧なクレンジングで汚れをしっかり落とすこともお忘れなく。

    今回お手入れ方法を教えていただいた川島さんのエステサロン「メディカル・ポー」を含む5つのサロンで、PHYT’Sのコスメを使った「PHYT’Sオリジナルコース」を無料体験&レポートしていただくキャンペーンを開催いたします。エントリー方法など詳細はこちらをご覧ください

    秋肌を、整える。フェイシャルエステ プレゼント へのご応募はこちらからどうぞ。

    【お話をしてくださった方】

    川島こずえ(かわしま こずえ)

    川島こずえ(かわしま こずえ)

    メディカル・ポー代表 エステティシャン(美容業35年)
      美容師免許・産業カウンセラー資格取得

    大手エステティックサロンでの経験と知識を活かし1988年にメディカル・ポーを設立。2013年で25周年を迎える。
    開業以来女性の心と体の悩みをサポートし、様々な肌の回復力、老化のメカニズム、身体の歪み、心の変化などを研究することにより、独自のマッサージ法を確立。さらなる上のステージに向け、日々研究中。

    オーガニックエステ メディカル・ポー

    オーガニックエステ メディカル・ポー

    〒802-0077 福岡県北九州市小倉北区馬借3丁目6-33-1202

    TEL  093-522-1773

    営業時間 AM10:30~18:30

    完全予約制(1日2名様限定)

    定休日 日曜(祝日)休み

PHYT'Sのお得な情報をお届けします。

新商品やキャンペーンのお知らせなどを不定期でお送りいたします。
ぜひご登録ください。

  • いいねランキング

Follow me PHTT'S on tweet