HOMEPhyt’s Journal キレイな腸こそ、美肌への近道! 腸内環境を整える3つのポイント
  • キレイな腸こそ、美肌への近道! 腸内環境を整える3つのポイント

    健康的な美しさのための、ちょっとしたコツをお届けする「キレイの処方箋」。今回は、漢方薬局ハレノヴァの藤村綾子さんに、美肌やダイエットと腸の関係、腸内環境の整え方などをお聞きしました。

    近頃、「腸」をクローズアップしたテレビ番組や本が増えていますね。よく耳にするようになってきた「腸は第2の脳」や「腸年齢」、「腸トレ」といった言葉からも、美容と健康に腸の働きが大きく関係していることがうかがえます。そこで、「腸を元気にすることで、美肌やダイエット、免疫力アップ、そしてアレルギーの改善やがん予防等も期待できますよ。」という藤村さんに、まずは腸の基礎知識を教えていただきましょう。

    【腸の基礎知識 その1 腸の働き】

    「腸」は小腸と大腸からなっています。小腸は食べ物の消化・吸収を行う場所で、大腸は吸収されなかった食べ物が便になる場所。この大腸には腸内細菌がたくさん棲んでいて、それらは、主に身体にとってよい働きをする「善玉菌」と悪い働きをする「悪玉菌」とで、常に勢力争いをしています。
    善玉菌と悪玉菌のバランスは食事や生活習慣、加齢等によって変動し、健康や美容に大きな影響を与えているんです。

    ☆腸内細菌の種類と主な働き

    善玉菌 免疫力アップや感染の防御ビタミンを作り出すなど、身体にとって良い働きをする。 ビフィズス菌や乳酸菌など
    悪玉菌 たんぱく質やアミノ酸を分解し、腸内を腐敗へと導いて毒素を発生させるなど、身体にとって悪い働きをする。 ウェルシュ菌や大腸菌など

    さらに、腸内細菌には善玉菌と悪玉菌に加え、「日和見菌(ひよりみきん)」と呼ばれる菌が存在するのをご存知ですか。日和見菌は腸内細菌の約70%を占めている大勢力で、善玉菌と悪玉菌のどちらか優勢な方になびくという特徴があります。
    ですので、腸内環境を整えるためには、この日和見菌が善玉菌に味方するよう、善玉菌が優位な腸をつくることが大切なのです。

    【腸の基礎知識 その2 腸と美肌の関係】

    腸内環境では加齢に伴い、悪玉菌が増えて善玉菌が減っていきます。そうなると悪玉菌が作った有害物質が血液で運ばれて皮膚に到達し、肌トラブルなどを招いてしまいます。
    また下痢になると、栄養が体内や皮膚に届かないため、肌の乾燥やたるみの原因となります。
    つまり、肌を美しく保つためには、腸内環境を整えてお通じをよくし、腸を若々しく保つことがとっても重要なのです!
    もちろん、加齢だけの問題ではなく、ストレスや運動不足、食生活の乱れなども、腸内環境を悪化させる原因になるので気を付けてくださいね。

    さあ、ここからは、いよいよ腸をキレイにする方法をご紹介します。
    腸内環境を整えるためには、毎日気持ちよくお通じがあることが大前提です。
    そのポイントとなる、食生活・運動・ストレス対策の3つを見ていきましょう!

     

    【ポイント1 食生活に気をつける】

    腸の調子を整えるには、お通じを良くし、腸内をキレイにすることが大切です。
    そのために、食物繊維を積極的に摂るよう心掛けてくださいね。
    ちなみに、食物繊維は、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」と水に溶ける「水溶性食物繊維」に分けられます。
    不溶性食物繊維は、便の元となり、腸を刺激して便通につながります。
    水溶性食物繊維は、腸内で水に溶けて有害物質を吸着し、体外へ排出します。
    つまり、不溶性と水溶性の食物繊維をバランスよくとることで、おなかの中をよりキレイにお掃除できるわけです。

    野菜

    また、発酵食品もおすすめ。発酵食品には、乳酸菌などの菌類が含まれ、腸内の善玉菌を増やしますので腸内環境の改善に役立ちますよ。

    発酵食品

    ☆食材の例

    食物繊維 野菜(特に根菜)、キノコ、海藻、果物、コンニャク など
    発酵食品 味噌、キムチ、漬物、納豆、チーズ、ヨーグルト など

    【ポイント2 適度な運動を心がける】

    運動不足になると、腹筋が弱まり、腸のぜん動運動が弱まって便秘になりやすくなります。
    便を出したときに、まだ残っているような感じがある場合は、運動不足が原因と考えられます。
    運動といっても激しい運動をする必要はなく、軽い腹筋運動や、ウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。

    運動

    【ポイント3 ストレスをため込まない】

    内臓の働きは、自律神経によってコントロールされています。ストレスがたまると、自律神経の
    バランスが乱れ、腸の運動が悪くなって便秘が起こりやすくなります。
    自律神経は、緊張モードの時に高まる交感神経とリラックスモードの時に高まる副交感神経か
    らなりますが、腸の動きは副交感神経が司っています。
    自分なりのストレス解消法をみつけ、規則正しい生活を心がけましょう。

    ヨガ

    藤村さんによると、日本女性の2人に1人は便秘の自覚症状があると言われているそう。
    そこで、今回は便秘解消にぴったりのドリンクも教えてくださいました。

    【おすすめドリンク】

    青汁とバナナの豆乳ミルク

    青汁とバナナの豆乳ミルク

    ■材料(1人分)
    青汁 1袋
    バナナ 1/2本
    豆乳 100ml
    牛乳 50ml
    松の実 3粒

    ■作り方

    1. バナナは皮をむき、一口大に切る。
    2. ミキサーに1、青汁、豆乳、牛乳を入れ、なめらかになるまで混ぜ、グラスに注ぐ。
    3. 松の実を散らす。

    〔ポイント〕
    バナナは食物繊維やカリウムが豊富で便秘やむくみの解消に効果的で、豆乳は女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが豊富です。また、松の実は滋養強壮のほか、身体を潤してくれる働きがあり、便秘の改善にも役立ちます。
    タンパク質や炭水化物もバランスよくとれるので、朝ごはんや小腹がすいたときに最適なドリンクですよ。

    美肌のためと化粧品ばかりに気を使うのではなく、ライフスタイルにも気を配り、身体の中からキレイを心がけたいものですね。
    また、食事や生活習慣を改善しても便秘や下痢がつらい場合は、気軽に漢方薬局などへ相談してみましょう。
    漢方薬にもお腹の調子を整えてくれるものがたくさんありますよ。

    【お話をしてくださった方】

    藤村綾子(ふじむら あやこ)

    漢方薬局ハレノヴァ 薬剤師

    自然豊かな環境で小さいころから十薬(どくだみ)などの民間薬に慣れ親しんで育つ。いつの間にか漢方薬の魅力に惹かれ大学院では生薬科学を専攻。漢方薬メーカーでの研究職を経て現職。薬膳食材やスパイスを使ったレシピ提案も手掛ける。

    漢方薬局ハレノヴァ

    〒530-0053 大阪市北区末広町3-21

    TEL 06-6312-8429

    営業時間 10:00~19:00(平日)

    10:00~17:00(土曜)

    定休日   日曜、祝日

PHYT'Sのお得な情報をお届けします。

新商品やキャンペーンのお知らせなどを不定期でお送りいたします。
ぜひご登録ください。

  • いいねランキング

Follow me PHTT'S on tweet