HOMEPhyt’s Journal パリで流行! オーガニックに続くのは「グルテンフリー」
  • パリで流行! オーガニックに続くのは「グルテンフリー」

    PHYT’Sのふるさと「フランス」について現地からレポートする「フランス通信」。今回は、パリのオーガニック事情から、大ブレイク間近のグルテンフリーレストラン「ノグル(Nogle)」をレポートします。

    健康志向のパリジェンヌが注目する「グルテンフリー」って?

    みなさん、「グルテンフリー」ってご存知ですか? 耳にはした事があるけれども、よくわからない…という人が多いのではないでしょうか。グルテンとは、小麦や大麦に含まれるタンパク質のこと。このグルテンを摂らない食事法がグルテンフリーダイエットです。つまり、パンやパスタ、小麦粉を使うお菓子やシリアルを避けて、もし食べたい場合は、米粉のパンやパスタに置き換えるというもの。グルテンを摂らないことにより、体が疲れにくくなったり、肌色が良くなったりと、効果を実感する人が現れ、健康志向のオーガニックラバーに注目されています。

    アメリカでは5年ほど前から火がつき、グルテンフリーの食材やレストランの数も豊富にあり、人々にもかなり浸透しているとか。そんなグルテンフリーブームが、パリに上陸したのはつい最近のこと。パリで最初のグルテンフリースイーツ店である「ヘルムト・ニューケーキ」が去年オープンしたのを始めとして、オシャレなグルテンフリーレストランが次々に登場しています。

    パリの注目店「NOGLU(ノグル)」

    なかでもレストラン「ノグル(Noglu)」は、メニューがグルテンフリーというだけではなく、見た目や味も洗練されています。アメリカやイタリアなど世界中に住んだ後、パリに戻ってきたフレデリックさんが、ここ最近話題のレストランが集まるパサージュパノラマに1年ほど前にオープンしました。

    NOGLU(ノグル)

    「30代半ばの時、原因不明の体調の悪さが続きました。改善しようと、色々と試してみた結果、グルテンアレルギーを発症していたことがわかったんです。その後パリに戻ると、グルテンフリーで美味しいものを食べられる所が無いことに気がついて・・・それで自分でやることに。」と、フレデリックさんは「ノグル」開店までの経緯を説明してくれました。

    健康+フランスのグルメ=パリ流グルテンフリー

    日本人シェフの柳瀬さん

    その厨房を預かるのは、ミシュラン3つ星のレストランでも長年修行を積んできた、日本人シェフの柳瀬さん。オーナーのフレデリックさんのコンセプトどおり、身体に良いだけではなく、美味しいものを追求されているそうです。「牛乳を豆乳に置き換えれば、いろんな料理がグルテンフリーになるんですよ」とのこと。家でも真似できるような気がしてきます。

    ハンバーガー

    取材時に作ってもらったのは、ハンバーガー。「え?これが小麦粉を使っていないの?」と驚く一品です。バンズは豆の粉を使っているのだそう。お肉もとってもジューシーで、グルテンフリーと聞いてイメージしていたものを裏切る、力強い味で食べごたえ抜群!

    また、メニューも、普通のビストロのように毎日変わります。つまり、グルテンフリーだからといって、バリエーションが少ないわけでは決してないのです。米粉を使ったパスタやステーキがメニューに並ぶ事も。特に「ノグル」自慢のスイーツは、見た目も可愛いいものが多く女性向き。パティシエは東京にもお店がある、オーガニックレストラン「ローズ・ベーカリー」出身とのことですから、納得です!

    グルテンフリーレストラン「ノグル」

    健康志向のパリジェンヌが今注目している、グルテンフリーレストラン「ノグル」。みなさんもパリを訪れた際は、パリ風にアレンジされた、グルメなグルテンフリーフードを試してみてくださいね。

    次回は、パリのクリスマスについてお届けします!

    【ショップ情報】

    NOGLU Restaurant et épicerie sans gluten

    NOGLU Restaurant et épicerie sans gluten

    住所:16, passage des Panoramas Paris
    電話番号:01-40-26-41-24(要予約)
    営業時間:
    月~金 12:00-15:00
    木金 19:30-23:00
    土 11:00-15:00
    http://www.noglu.fr/

    【ライター プロフィール】

    川人わかな

    フランス(パリ・ニース)在住の編集者・ライター。

    カルチャー誌やアート誌の編集に紙・ウェブ媒体問わず関わった後、2011年に渡仏。それ以降、フランスを拠点に取材場所はヨーロッパ全域に渡る。主なテーマは、サスティナビリティ、アート、ファッション、建築、美容などのライフスタイル。最近は、オーガニックやコーポラティブな暮らし方に興味を持つ。

PHYT'Sのお得な情報をお届けします。

新商品やキャンペーンのお知らせなどを不定期でお送りいたします。
ぜひご登録ください。

  • いいねランキング

Follow me PHTT'S on tweet