HOMEPhyt’s Journal ダイエット中でもガマンしない! お豆と発酵食のオーガニックレストラン
  • ダイエット中でもガマンしない! お豆と発酵食のオーガニックレストラン

    「オーガニックグルメ探訪」は、健康で美しい身体作りに欠かせない「食」をテーマにした、連載コーナー。第2回は、お豆を主役にしたユニークなメニューや、今話題の発酵食がいただけるヘルシーなレストラン「ハナムスビ」です。

    もともと整体師をされていたオーナーが、心と身体のトータルケアを目指して2012年2月にオープンしたという「ハナムスビ」。隣接するビルには整体院もあり、まさに内と外から元気になれるレストランです。こちらのメニューはホールフード(まるごと食べられる食材のこと)の、お豆が主役。良質なたんぱく質を含む大豆を中心に、約30種類ものお豆が季節に応じて使われています。使用するお豆は素材のパワーが強い在来種がメイン。そのほかの食材は無農薬や有機栽培のものがほとんどで、このお店のもうひとつの目玉でもある酵素玄米にも、もちろん有機玄米が使われています。

     

    回鍋豆(ホイコウトウ) 酵素玄米のご飯セット

    大豆ミートを使った回鍋肉ならぬ「回鍋豆(ホイコウトウ)」(¥950)は、お酒のおつまみにもぴったりのしっかりとした味付け。「酵素玄米のご飯セット」(¥580)と一緒に。

     

    「お豆が主役」と聞くと、「少し物足りなさそう・・・」 と思われるかもしれませんが、写真の「回鍋豆」のほかにもお豆の「ハンバーグ」や「コロッケ」といったおなじみのメニューもあり、どれも食べ応えは十分です。そのせいか、お店には意外に男性客も多いので、女性同士だけでなくデートや家族での外食にもよさそうです。

    「ハナムスビ」は、ダイエットや健康にいいと注目されている酵素を含んだ「発酵食品」が豊富なのも魅力のひとつ。なかでもぜひ味わっていただきたいのが酵素玄米です。酵素玄米とは、玄米と小豆に少しの塩を加えて炊いたものを、保温ジャーなどで保存したもの。1日1回かき混ぜることで徐々に酵素化が進み、3日目から10日目あたりが食べごろになります。「ハナムスビ」の酵素玄米は圧力鍋を使って炊き、専用の保温ジャーで保存しているので、家庭で作るよりも温度も密閉度も高くなり、なんとも言えないもちもちの食感になるのです。通常は熱に弱い酵素ですが、酵素玄米においては別の話。温かなごはんで酵素をとることができますので、冷えが気になる方にもおすすめです。女性に一番人気の「アボカドの三五八和え」(¥680)や「発酵珍味盛り合わせ」(¥1050)、「自家製酵素ジュース」(¥600~)などは、家庭ではなかなか味わえませんよ。

     

    アボカドの三五八和え

    「アボカドの三五八和え」。三五八は塩3、麹5、米8の割合で作られる東北の調味料。お米が入っている分、塩麹よりも甘み強いのが特長。

     

    家製の酵素シロップ 自家製の梅酒

    右が旬のフルーツと野菜で仕込み中の自家製の酵素シロップ。この日はネーブルオレンジや河内晩柑、デラウエア、ズッキーニ、トマト、カボチャ、ショウガなどが使われていました。左は紀州産の梅を漬け込んだ自家製の梅酒。

     

    日本酒

    人の手を加えず自然に任せた製法で作られる日本酒なども扱っていています。発芽玄米の生原酒「むすひ」(中央)は乳酸菌のさわやかな香りがする微発砲酒。

     

    ビオワイン

    ビオワインもあるのでワイン派も安心です。

     

    オーナーの田中さんは「将来、リトリート(滞在型リラクゼーション施設の意)を開きたい」とお話しされていましたが、人々が集い、美味しく食べて楽しく飲めるこの「ハナムスビ」は、すでに都会のリトリートになっているように感じました。

     

    【レストラン情報】

    ハナムスビ

    ハナムスビ

    住所:東京都品川区西五反田5-12-3 TQビル1F
    最寄駅:東急目黒線不動前駅徒歩1分
    営業時間:
    ランチ  11:30〜14:00(月・火・金・土)
    ディナー 18:00〜23:00 L.O(日曜のみ 22:00 L.O)
    定休日:水曜
    TEL:03-3492-9997
    HP:http://ha-na-musubi.jp/

PHYT'Sのお得な情報をお届けします。

新商品やキャンペーンのお知らせなどを不定期でお送りいたします。
ぜひご登録ください。

  • いいねランキング

Follow me PHTT'S on tweet