PHYT’S JAPAN × 栃本天海堂
コラボレーション企画


– 美容と健康に自然の恵み –

長い伝統で培った生薬しょうやくのノウハウと植物療法の集大成

板藍根ばんらんこんのご紹介

板藍根
 

寒さ深まるこの時期、免疫力を味方につける「板藍根ばんらんこん」を特別にご紹介させていただきます。

「PHYT’S」と「栃本天海堂」の出会い

栃本天海堂をご存じでない方に「株式会社栃本天海堂」とPHYT’S の出会いについて、ご紹介いたします。

栃本天海堂は、1932年の創業以来約90年「生薬しょうやくに一意専心」、漢方薬の原料である生薬しょうやく、和漢薬、ハーブの輸入販売を生業とし、自然との融和を通じて、健康に寄与できる製品づくりとサービスに励んで参りました。

薬研

「健康」と「美」の密接な繋がりを考える中で、PHYT’Sとの出会いがありました。  今から16年前、はるか地中海を望む南フランスに「自然な美しさ -Naturo Aesthetic-」をコンセプトに、厳格な製造基準を設け、天然由来成分100%の原料にこだわったオーガニックコスメブランドがあることを知りました。
それが「PHYT’S」、まさに栃本天海堂が共鳴共感できるものでした。こうして「栃本天海堂」と「PHYT’S」との歩みがスタートしました。

 栃本天海堂とPHYT’S JAPANの歩みについて詳しくは、下記動画でもご覧いただけます。
 https://www.youtube.com/watch?v=T3yH9f5DCko

今、栃本天海堂にできること

栃本天海堂は漢方専門の会社のため、PHYT’Sの表舞台に出ることはせず、漢方のお話をする機会もありませんでしたが、今、漢方のプロフェッショナルとして、何かできることはないかと考え、「美と健康に自然の恵み」を取り入れることのできる商品「板藍根ばんらんこん」をご紹介するにいたりました。

この時期にだからこそおすすめする「板藍根ばんらんこん

板藍根

栃本天海堂では、自社漢方薬局を2店舗運営し、取り扱う製品には、漢方薬の他、健康維持に役立つものが多くあります。その中で、今年は特に注目を集め、例年の3倍ものご注文いただいた「板藍根」があります(当社実績比)。

このような時期に、PHYT’Sと板藍根で心身共に美しく健康でお過ごしいただければと思います。

板藍根ってご存じですか?

タイセイやホソバタイセイの根
ホソバタイセイ

アブラナ科のタイセイ、ホソバタイセイなどの根を乾燥させたもので、古来より中国では、板藍根を各家庭で常備しているといわれ、風邪や発熱やのどの痛みなどにお茶として愛用されています。

板藍根の特徴

藍染めの原料とされるインディゴの仲間であり、葉は藍色の色素を含むため、漢字で「大青タイセイ」と表されます。
漢方の分野では、葉は「大青葉タイセイヨウ」、根は「板藍根バンランコン」と呼ばれています。

板藍根の特徴

栃本天海堂こだわりの原料

本場中国で栽培された「板藍根」の中から品質のよいものを輸入し、さらに自社工場で熟練したスペシャリストによる選別原料のみを使用しています。残留農薬についての安全性確認も実施しています。

独特の風味は、混じりっけなしの板藍根100%の証しでもあります。また、添加物を一切使用せず、飲みやすい顆粒状にしております。

お召し上がり方

お召し上がり方

1日3包を目安に、水またはお湯でお召し上がりください。(本商品は食品です)

美容と健康に自然の恵み「板藍根」